殺菌

乳酸菌が生きているとは

「腸内で生きている乳酸菌」「いきいき乳酸菌」このようなフレーズをCMなどで聞いたことがあるという方は少なくないかと思われます。
この「乳酸菌は生きている」というフレーズは一体どのようなことを意味しているのでしょうか。
そもそも乳酸菌とは、糖を分解して多くの乳酸を作り出す働きをする細菌類をさしていう言葉です。
19世紀にパスツールという学者が発見し、乳製品などに含まれることが判明しました。
また、腸内環境の整備を始め健康にとても良い働きをするということもわかっています。

この乳酸菌にはチーズやヨーグルトなどから体内へ摂取した後は、一部は胃腸で死んでしまいますが、死なずに腸まで到達するものもあります。
これが生きている乳酸菌という表現の意味するところです。
の生き残った乳酸菌は腸内で善玉菌を作ります
この善玉菌というものについても各種CMなどで比較的有名かと思われますが、善玉菌とは、腸内に存在する数百の細菌のうち、健康に良いものを指す言葉です(例えば、ラクトバチルス・ビフィズス菌などが善玉菌です。
一方で、健康に良くない働きをする腸内の細菌は悪玉菌と呼ばれています)このようにして、「乳酸菌は生きている」という表現の意味するところは、腸まで生存し続けるもののうち、善玉菌を作る上で役に立つという意味ということになります。

そして乳酸菌が含まれている食材は、先に挙げましたヨーグルトやチーズが有名ですが、漬物や味噌にも大量に含まれています。
腸の健康は長生きの秘訣と言われることもありますので、積極的にヨーグルト・チーズ・あるいは味噌お漬物を食べて「いきいき」とした胃腸を維持されることが大切ということができるでしょう。
なお、食べ物に限らず健康食品・サプリメントから摂取することもひとつの手軽な方法としておすすめすることができます。
ご自身の食生活や好み、生活スタイルに合わせて摂取されることが継続摂取のためのポイントということができます。

Copyright(C) 2013 腸内の環境を整えてくれる菌 All Rights Reserved.